シミを薄くするビタミンCには2つの誘導体がある

シミを薄くするビタミンCには2つの誘導体がある

「紫外線はお肌に大敵」

 

 

紫外線にはお肌が黒くなる波長、お肌が赤くなる波長があります。どの波長の紫外線もシミの原因となるため、なるべく日頃から紫外線対策を行いたいところです。

 

 

紫外線対策を行いたい時に便利なのが日焼け止めクリームです。日焼けしたくない部位に塗布するだけ、簡単に使用できるのが魅力です。日傘が使えない場所でも大丈夫です。しかし日焼け止めクリームを塗布しても100%完全にカットすることはできません。外出時間が長くなると日焼けすることがありました。

 

 

シミを薄くするビタミンC

 

 

そんな日焼けによるシミに悩まされている方に魅力なのがビタミンCと言う成分です。果物や野菜に多く含まれている成分としてお馴染みですが、ビタミンCにはメラニン生成を抑制する作用があるのです。

 

 

紫外線は身体に悪影響を及ぼすため、メラニンを生成し守ろうとします。このメラニンが排出されずに残るとシミになります。さらにビタミンCにはメラニンを無色化する作用もあります。紫外線を浴びすぎた時に体内で増えるのが活性酸素です。

 

 

この活性酸素が必要以上に増えすぎると細胞へのダメージが大きくなってしまいます。その活性酸素から守ろうとメラニンの生成が促進されることがあります。ビタミンCには優れた抗酸化力があり、体内で増えすぎた活性酸素の除去も期待できると言うメリットがあります。

 

 

シミを予防したい時にもシミを薄くしたい時にも有効な成分なのです。しかしビタミンCは不安定で壊れやすいと言う性質を持っています。さらに水溶性のビタミンCはお肌のバリア機能により弾かれやすく、浸透力が弱いと言う弱点がありました。シミに良い成分でも浸透しないのでは意味がありません。

 

 

ビタミンC誘導体に注目

 

 

そこで注目されているのがビタミンC誘導体です。誘導体に加工するとビタミンCが安定する上に浸透力が高まるのです。

 

 

そのため美容液に良く配合されるようになりました。シミが気になると言う方はビタミンC誘導体配合の美容液を使用すると改善の期待度が高まります。

 

 

100倍の浸透力を持つAPPS

 

最近では100倍の浸透力を持つAPPSと呼ばれる進化型のビタミンC誘導体が登場しました。このAPPSは水溶性と油溶性と2つの性質を持っています。水溶性の優れた即効性があると言うメリット、脂溶性の優れた浸透性があると言うメリット両方持っているのです。

 

刺激も少ないため、APPSを配合する美容液も増えてきました。ただし従来のビタミンC誘導体より安定性と言った面では少し劣ります。その他にもまだ価格が高いと言うデメリットがあります。濃度が高いほど期待度が高くなりますが、その分お肌への刺激も強ります。

 

そのため紫外線の浴びすぎによりお肌のバリア機能が弱まり、刺激に対して弱くなっている場合は濃度に注意が必要です。美容液の成分表記にパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naと言う文字があればAPPSが含まれています。

 

濃度まで記載しないことが多いですが、上位に記載されていると濃度が高めです。良く分からない時はメーカーに直接問い合わせてみて下さい。